合コンに一人で参加するのは危険?注意点と対策3つ

合コン攻略法

ここ最近、合コンの一人参加に抵抗ナシな人が増えているようです。
ただ一方で「合コンに一人で参加するのは危険」という説もあります。
一体何が危険なのか?そしてどんなことに気を付ければいいのか?
というわけで今回は、合コンに一人で参加する際の注意点と対策3つをご紹介します。

合コン一人参加時の注意点3つ

合コンに一人で参加する際は、いくつかの注意点を守ることが大切です。
この注意点を把握しないままホイホイ参加するのは少々危険と言えるでしょう。
そこでここでは、合コンに一人で参加する際の注意点を3つご紹介します。

ガツガツしない

一人で参加すると、自分のことをよく知る友達がいないため、つい大胆になりがちです。
もちろんこれは、出会いを手に入れるためのプラス要素でもあります。
自分の大胆な一面を見せて積極的になれば、それだけ合コン成功率も高まりますからね。

しかし、一歩間違えるとガツガツした人に見えるので要注意!
度が過ぎた自分アピールや質問攻めなど、過剰な大胆さは引かれてしまうので気を付けましょう。

無理して話そうとしない

一人参加だと、どうしても「自分が盛り上げなくては」と思ってしまうもの。
友達がいない分ついつい必死になるわけです。

しかしあまりにも必死だと、かえって相手は疲れてしまいます。
無理して話すくらいなら、聞き役に徹したほうがよほど好印象ですよ。

合コンに一人で参加する際は、無理して話そうとしないことも大切です!

相手をしっかり観察する

友達を連れての合コンなら、自分はもちろん相手のほうにも友達がいます。
「怖そうだけど実は優しいんだよー」「盛り上げ役っぽいけど普段は物静かなんだよ~」など…。
友達がいると、その友達経由でどんな人物かを知ることができるわけです。
こうした身近な人からの客観的な情報はとても参考になりますよね。

しかし相手も一人で参加していると、こうした友達経由の情報が得られません。
結果「え?こんな人だったの?」と後々落胆する可能性も…。
そのため一人参加合コンでは、いつも以上に相手のことをしっかり観察することが重要です。

合コン一人参加の危険を回避する対策3つ

合コン一人参加の危険を回避するためには、事前にきちんと対策を練ることも必要です。
では、危機的状況を避けつつ一人合コンを楽しむためにはどうすればいいのでしょうか?
ここではその対策を3つまとめてみます。

楽しい話題を用意しておこう

「どんな話をすればいいのかな?」「どうしても会話がストップしてしまう…」
一人で合コンに参加すると、こうした気まずい状況に陥ることがよくあります。
片方がお喋り上手ならなんとかなりますが、お互い黙ってしまうタイプだとキツイですよね。

そんな沈黙という危険性を回避するためには、楽しい話題を用意しておくのが一番です。
映画やスポーツといった趣味系、出身地や住まいが同じなら地元ネタなど。
面白いネタや共通性のあるネタを用意しておけばそこそこ盛り上がるでしょう。
逆に自慢話や人の悪口など、ネガティブな要素を含む話題はNGなのでご注意を!

気を緩めずに行動しよう

「マイペースに楽しめる」という点は、一人参加合コンならではの大きな利点ですね。
とはいえ、あまりにマイペースな状態になるのはちょっと危険。
気が緩みがちになった結果、思わぬミスを犯してしまうこともあるからです。

代表的なミスといえばやはり遅刻でしょう。
一人参加だと自分のペースで動けるため、ついついのんびり行動になってしまいがち。
しかし当然ながら、遅刻をすると印象が悪くなりますからね。

対策としては、やはり時計をマメにチェックすること、そして常に気を引き締めることでしょう。
自分のペースでOKだからといって、気を緩めるのは禁物です!

自己紹介の内容を考えておこう

合コンで必ずやることといえば自己紹介ですね。
これはもちろん一人参加の合コンでも同じです。

中には「即興で考えればいいや」と思う人もいるでしょう。
しかしいざとなると、案外うまい言葉が見つからないもの。
結果として、何の面白みもないテンプレート的な自己紹介になってしまうのです。

何事も掴みが大事なので、自己紹介が失敗するとその後もうまくいかない恐れアリ。
参加する際は、事前にきちんと自己紹介の内容を考えておきましょう。
やはり助け舟を出してくれる友達が誰一人いないわけですからね~。
こうした対策を練っておくことも非常に大切です!

興味はあるけどやっぱり不安なら

冒頭でも触れたように、一人参加合コンに抵抗の無い人が増えているようですからね。
単独で自由に楽しみたいという人は、友達同士より一人参加のほうが向いているかもしれません。

ただ「興味はあるけどやっぱり不安」という人もいるでしょう。
また「注意点を守り対策も練ったけど不発に終わった…」なんてケースもあるものです。
例えば参加者が揃いも揃ってイマイチだと、ハッキリ言ってお手上げですよね。
もはや注意点や対策以前の問題と言えるでしょう。

そうなると、やはりマッチングサイトのsanmarusanを使ったほうが賢明です。

sanmarusanなら「お、いいな」と感じた人とのみやりとりできますからね。
さらに追加費用ナシ・月3980円で使い放題というお得っぷりも凄い!
合コンは参加するたびお金がかかりますからね~。
それで結果が出るならまだしも、不発続きになってしまうと正直痛手でしょう。

またsanmarusanには「アダルトな出会い大歓迎!」という会員も多いです。
もちろんワンナイトラブもアリですから、「合コンでお持ち帰りしたいorされたい」なんて人にも最適ですよ。

まとめ

今回は、合コンに一人で参加する際の注意点と対策3つをお届けしました。
注意点を意識し事前に対策を練れば、一人でも十分楽しめるでしょう。
しかしメンバー次第では、その注意点や対策がほとんど意味を成さない可能性も…。
好みの異性と巡り会いたいなら、合コンよりもsanmarusanのほうがオススメですよ。

コメント