街コンに一人で参加するとぼっちになる?

街コン攻略法

基本的に、街コン参加者の多くは友達・知人を連れてきています。
もちろんひとりで来ている人もいますが、割合的には友達や知人連れのほうが多いでしょう。
そのため「街コンに一人で参加するとぼっちになるのでは…?」と不安になる人も少なくありません。

さて、では本当に街コンに一人で参加するとぼっちになるのでしょうか?

街コンの一人参加はぼっちになりやすい!

そもそも街コンは、2人1組での参加が基本です。
そのため一人で参加するとぼっちになる確率が非常に高いです!

中には「お一人様歓迎」と銘打っている街コンもありますが、実際に行ってみると結局2人1組のペアばかり…。
とりあえずそう謳っていはいるけど、現実は違うんだなと落胆することがほとんどです。

例えば「ぼっちでも全然気にしない」と考えているなら問題ないでしょう。
またコミュニケーション能力や積極性が高いタイプであれば、ぼっちになることはほぼありません。
しかし「ぼっちは寂しい」「見知らぬ人と気軽に話せない」という人にとっては、非常に悩ましい事柄ですよね。

スタッフにフォローしてもらう…という手もありますが、必ずしも親切なスタッフがそばにいるとは限りません。
あとは誰かに話しかけてもらうのを待つか、思い切って自分からドンドン声を掛けるかのどちらかでしょう。
しかしぼっちになりやすい人からすれば「それができたら苦労しないよ!」というところですよね。

ぼっちを避けるなら立食型より着席型!

一人で参加するとぼっちになりやすいと言える街コン。
その中でも特に危険なのが立食型の街コンです。

なにしろ立食型は自分で自由にコミュニケーションをとるスタイルですからね。
自由にいろいろな人と話せるのはメリットでもありますが、ぼっちの場合だとむしろデメリットになりがちです。
「こんな孤立した状態で一体誰に声を掛ければ…」と戸惑う人がほとんどでしょう。

そのため一人参加でのぼっちを避けたいなら、立食型より着席型がオススメ。
着席型なら決められた席に座るスタイルなので、ぼっち状態を避けられます。
気が合うかどうかは別にして、困ったらひとまず同じテーブルの人と話せばOKですしね。
街コンでのぼっちを避けたい人は、着席型のイベントを選ぶようにしてみてください。

街コンよりも出会いやすい場所が!?

街コンでのぼっち状態を防ぐためには、何かしらの対策が必要です。
しかし対策を練ったからといって、それが必ず成功するとは限りません。

ましてや街コンには、コミュニケーション能力の高い人がワラワラやってきますからね。
そんな参加者達が勢力を持ってしまうと、もうぼっちメンバーの出る幕なんて無い状態です。
参加費払ってぼっちになって出会いもナシ、本当にこれで良いんでしょうか?
あらゆるリスクを抱えつつ街コンに参加するくらいなら、マッチングサービスのほうが断然効率的です!

中でもsanmarusanは特にオススメなマッチングサイトですね。

例えば男性が街コンに参加する場合、1回の参加費は大体5000円~6000円掛かります。
一方sanmarusanなら、1回ではなく1ヶ月で3980円です。
月額3980円のみでたくさんの女性とやりとりできちゃうわけですよ。
しかも「ぼっちになるかも」という心配も無く!

また、仮に街コンで連絡先交換ができたとしても、後々フェードアウトされる可能性大です。
「それほど良いと思ってないけど、その場の流れでついつい…」
残念ながら、こうしたノリで交換しちゃう人も結構多いですからね。

しかしsanmarusanなら、お互い「良いな」と思い合った状態で始まるため、きちんとコミュニケーションがとれます。
街コンも悪くはないですが、やはり総合的に考えるとsanmarusanのほうが出会いやすいと言えますね。

まとめ

街コンに一人で参加すると、大半の人はぼっちになるものです。
その状況を「むしろ気楽で助かる」と楽しめればいいのですが…。
やはりほとんどの人は不安や孤独を感じてしまうでしょう。
何が何でも街コンで!という強いこだわりが無ければ、sanmarusanなど別の方法で出会いを探してみては?

コメント